松川 儒プロフィール


川西町フレンドリークリニック代表。
東京藝術大学附属音楽高校を経て、東京藝術大学音楽学部ピアノ科を卒業。
その後、ドイツ・シュトゥットゥガルト国立音楽大学大学院を経て、ドイツ・カールスルーエ国立音楽大学大学院リート科を修了。
藝大在学中より活動開始し帰国後は国内外はもとより客船の国際航路にも乗船し演奏活動を広げている。
ソロ・ピアニストとして、又、室内楽・声楽伴奏で貴重なアンサンブルピアニストとして信頼が厚く、今日まで佐藤光政、岡村喬生、釜洞祐子、天羽明恵、腰越満美、各氏ら歌手をはじめとしてS.ベザリー(Fl)、和谷泰夫(Harm)各氏など多くの著名演奏家との共演を続け、また音楽分野を越えて各種アーティストとのコラボレーションでも幅広く展開中。
宮本亜門氏演出のオペラにおいては音楽助手・副指揮者として参加する。
国内外で数種のテレビ収録、ラジオまたCD等の録音がある。
第11回シューマン国際コンクール公式ピアニスト(ドイツ/ツヴィッカウ)
2003年より足掛け5年に渡った世界初の試み「ヴォルフ歌曲全曲演奏会・全12回」では企画者&ピアニストとして全シリーズを担当し、その功績で平成19年度文化庁芸術祭・音楽部門【大賞】を受賞。
2009年より〔川西町ふるさと交流大使〕
現在、玉川大学芸術学部准教授・洗足学園音楽大学非常勤講師・愛知県立芸術大学非常勤講師。