市川 和彦プロフィール


三重県出身。東京藝術大学卒業。第23回日伊声楽コンコルソ入選・同26回入賞。藝大「メサイア」テノールソロでデビュー。
「メサイア」「第九」をはじめモーツアルト・ベートーヴェン・ストラヴィンスキー・ブルックナー・オルフ・ドヴォルザーク・ブリテン・
ヴェルディ・グノー・サンサーンス他の宗教曲のソリストを数多く務める。オペラでは、藤原歌劇団「椿姫」「カルメン」「トスカ」「蝶々夫人」「ルチア」「イル・カンピエッロ」「イタリアのトルコ人」「ロメオとジュリエット」、日本オペラ協会「よさこい節」「祝い歌が流れる夜に」
「あだ」「ペトロ岐部」「死神」「那須與一」「修禅寺物語」「瀧廉太郎」「キジムナー時を翔ける」、新国立劇場「建・TAKERU」「蝶々夫人」「ナブッコ」「カルメン」「マノン・レスコー」「ドン・キショット」「魔笛」「トゥーランドット」「トスカ」「ドン・カルロ」「オテッロ」
「黒船―夜明け」、四国二期会・栃木県民オペラ・国民文化祭(千葉・栃木・三重)・静岡県民オペラ・豊島区・尚美学園・びわ湖ホール・
オーチャードホール・サントリーホール・札幌室内歌劇場・新日本フィル・神奈川フィル・東響他にて「トゥーランドット」「椿姫」「魔笛」
「カルメン」「シチリアの夕べの祈り」「スティッフェーリオ」「天国の歌姫」「岩長姫」「那須与一」「贄のうたげ」「ミナモ」
「エフゲニー・オネーギン」「チャルダーシュの歌姫」「メリー・ウィドウ」「ひかりのゆりかご」「君と見る夢」他のオペラ、オペレッタに多数出演。また宮本亜門演出「ピノキオ」「コズィ・ファン・トゥッテ」にも出演している。その他NHK・FM・ニッポン放送等のラジオ放送に
出演。‘02/北京(天橋劇場)にて、日中国交正常化30周年記念行事で、小澤征爾指揮、浅利慶太演出「蝶々夫人」に出演。
‘94年度文化庁芸術家在外派遣研修員としてイタリア・ミラノにて研修。現在、藤原歌劇団正団員。日本演奏連盟・高声会会員。慶応義塾大学・
日本女子大学混声合唱団「コール・メロディオン」常任ヴォイストレーナー。池上本門寺コーラスグループ「水」指揮者。
玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科非常勤講師。