これまでの受講生:弦楽器


 ●城所 素雅さん(Vn)

 大阪国際音楽コンクール、横浜国際音楽コンクール、日本クラシック音楽コンクール、かながわ音楽コンクール等に
 おいて1位または最高位、全日本学生音楽コンクール東京大会2位ほか数多くのコンクールに入賞。
 草津国際音楽祭ファイナルコンサートに出演。霧島国際音楽祭奨学金受給生、合わせて霧島国際音楽祭賞を受賞。
 Joy of Chamber Music にて堤剛氏、田崎悦子氏と共演。
 フランシスコザビエル教会にて、川久保環氏、成田逹輝氏と共演。
 仙台フィルハーモニー管弦楽団にてゲストコンサートマスターを行う。
 現在、加藤知子氏、堀正文氏に師事。現在桐朋学園大学修士課程2年在学

 ①2017年、2018年 2年

 ②神谷先生のレッスンはもちろん垣根なく他の楽器の方の演奏、レッスンを聴講することができ、あるゆる角度から
 勉強させていただけました。さらにアウトリーチ活動という形で実際に小中学校にて本番があり、実際の本番にて
 演奏以外にどんなことをするのかを勉強させていただけました。
非常に驚いた点では、個人練習でホールを使用できるのはこの講習会だけだと思います。
宿泊先は温泉と時期ぴったりのダリヤ園がありとても素敵な場所でした。

③演奏家の姿勢や他の楽器の生活リズム等を先生方からだけでなく共に受講している方々からも、身近に感じることができ、演奏以外からも沢山学べます。
国内においてとても素晴らしい講習会なので僕自身、今年もまた受講させていただきたいと思っています。

 ●外山 賀野さん(Vc)

 長野県長野市出身。スズキ・メソードにて二歳よりチェロを始める。
 今までに長瀬冬嵐、寺島都志子、伝田正則各氏に師事。
 長野県立小諸高等学校音楽科卒業。軽井沢国際音楽祭、京都フランス音楽アカデミー受講。
 第14回大阪国際音楽コンクール、第8回セシリア国際コンクール入賞。
 2017年9月ファーストリサイタルを開催。
 現在Ludovit Kanta氏の元で研鑽を積む。桐朋オーケストラ・アカデミー研修課程在学中。

①2018年、2019年 2年

②フレンドリークリニックは先生方と受講生の距離がとっても近く、レッスン以外もとても充実した時間を過ごせました。
又アウトリーチ活動に向けて、演奏はもちろんMCのアドバイスも頂けて、とても勉強になりました。
お客様の前で演奏する機会が多いので、ひとつひとつがとても良い経験になりました。

③川西町は自然が豊かで食べ物も美味しく、町の方もとても温かく迎えてくださいます。
そんな環境でめいいっぱい過ごした時間は、これからの励みになります。

 ●日下 朋美さん(Vn)
 
 常盤木学園高等学校音楽科卒業。宮城学院女子大学音楽科卒業。現在、宮城学院女子大学音楽科研究生。
 2009、14年仙台国際コンクール関連事業街かどコンサートに出演。2010年第5回仙台クラシックフェスティバルに
 てホァン・モンラ氏による公開レッスン受講。2014年みやぎ県民文化創造の祭典実行委員会主催、若い音楽家の
 ためのフェスティバル・オーケストラと共演。2016年仙台国際コンクール関連事業 はばたけコンチェルトにて仙台
 フィルハーモニー管弦楽団による弦楽五重奏と共演。2018年第38回公益社団法人宮城県芸術協会音楽コンクール
 ヴァイオリン部門上級最優秀賞、河北新報社賞受賞。2019年第39回公益社団法人宮城県芸術協会音楽コンクール
 ヴァイオリン部門ツィゴイネルワイゼンコンクール優秀賞受賞。
 菊池恭江氏、神谷未穂氏に師事。

 ①2017~2019年 3年

 ②MC付きのアウトリーチ活動では、リハーサルもあり他専攻の先生方から演奏以外のこともご指導頂き、とても勉強
 になりました。本番の回数が多く、貴重な経験をすることができ良かったです。

③自然豊かで、地元の方々も温かく迎えてくれるので、音楽に集中して向き合うことができ、充実した日々を過ごすことができます。

 ●浅野 みけらさん(Vn)

 宮城県仙台市出身。4歳よりヴァイオリンを始める。木越直彦、河野芳晴、小林武史各氏に師事。
 第7回バッハホール音楽コンクール最優秀賞(バッハホール音楽賞)受賞。東北インターナショナルスクール卒業後、
 渡米。インディアナ大学ブルーミントン校ジェイコブス音楽院にて、フェデリコ・アゴスティーニ氏の指導の元、
 学士課程及び修士課程修了。パフォーマーディプロマを取得。カリフォルニア州ナパにてナパバレーパフォーミング
 アートセンターのオーケストラフェローとして活動。帰国後、兵庫芸術文化センター管弦楽団(通称PACオケ)にコア
 メンバーとして3年在籍。現在ベトナム、ハノイ市のサンシンフォニーオーケストラ奏者。

 ①2018年 1年

 ②合唱、絵画教室、身体表現が、どれも甲乙つけがたいほど楽しい体験でした。歌うことも、絵を描くことも、踊るこ
 とも元々好きだったのですが、改めて大好きだなと思い、もっと日々の生活に取り入れたいと感じました。どれも一人
 でもできることですが、モデルさんがいて、絵画の先生がいて、材料があって、ダンス、合唱の先生がいて、舞台があって…という環境は、日常にはありません。それは、コンサートに来て下さるお客様の暖かな拍手や、グループレッスンで先生方から頂けるアドバイスにも通じることで、クリニックの環境に身を置いてしか経験できないことが、1週間という短い期間にぎっしりと詰まっていました。

③私はちょうど音楽家としてちょっと煮詰まっているというか、自信を失っている時に受講しました。ひょっとしたら周囲からは順風満帆に見えたとしても、私のようにこれから先の道に迷っている方がいれば、是非思い切って参加してみてほしいです。
1回の講習会で音楽や人生の全ての悩みが消えるということはもちろんあり得ませんが、自転車を必死に漕いで坂を登ったり、苦手な早起きを毎日頑張ってラジオ体操をしたり、他の受講者の方や、先生方との何気ない会話の中でも、音楽を通して自分がたくさんの人と繋がっているのを感じることができると思います。